不動産売却時に使い分けたい簡易査定と訪問査定

  • 不動産売却をするとき、様々な情報を手に入れて、様々な判断をしていかなければなりません。
  • これが非常に大変ということは、容易に想像することができます。
  •  
  • そして、このように不動産売却に対して四苦八苦しているとき「とりあえずの不動産査定をしてみたい」と思うときがあります。
  • つまり、とりあえずの目安となる査定額を知りたくなるというわけですね。 これを基準に、様々な判断をしていくことに。
  •  
  • ということで、今回のテーマは簡易的にできる査定について触れていきたいと思います。
  • さらに、合わせてしっかりと行うような査定も説明をしていきますので、ぜひ知識を身に付けて頂ければ幸いです。
  •  
  • ■とりあえずの目安となる簡易査定とは?

  • 言葉からも察することができる通り、簡易査定とは、簡単に行う査定のことを指します。
  • 不動産業者から、いくつかの質問をされるので、それに答えるだけです。
  •  
  • たったこれだけで、目安となる査定額を知ることができるため、非常に気楽に依頼をすることができるわけですね。
  • 目安があるのとないのとでは、状況が全く違うと言えるため、上手に利用してみましょう。
  •  
  • ■しっかりと査定して貰うなら訪問査定

  • 対して、訪問査定は、実際に物件を見て査定を行う方法になります。
  • 業者側も勝負のときとなるため、本気で査定をしてくれます。
  • また、この査定額が今後の基準値となるため、しっかりと業者側と交渉をする必要があります。